2014misxp

ようこそおいでくださいました。
忙しい方向け1分未満のミニ歌を作って掲載しています!
1分以上の曲は「歌もの」カテゴリにまとめています。
インスト曲と合わせて現在約100音源を公開中!

2014年09月29日

DTMに関してやりたいことがたくさんあります

マスタリングについて学びはじめて、色々なことを知ったので、さらに勉強したくなりました。
そして、欲しいものが増えました。

■2mixを作る工程について学びたい。
2mixとは…LとRの2つのチャンネルに分けることだそうです。

■マキシマイザーがほしい。
Music Creator 4には無い?あるとすればどれなのか知りたいです。
また、DAWソフトに付属のものよりも、超高性能なものは100万円くらいすると聞きました。
そのくらいするものの威力を味わってみたいです。

自分で買わないまでも、威力は味わってみたい。
どうにか、威力を味わう方法はないでしょうか?
例えば、この音源がこうなったよ!というビフォーアフターのサンプルを聞いて打ちのめされたいです。

「そんなにもか!そんなにもマキシマイズするのか!
そりゃ〜100万するなあ!うひゃ〜!!」と驚きながら眠りにつきたいです。

■MIDIキーボードがほしい
これさえあれば、1小節のギターのパワーコードを打ち込むのに48回くらいクリックしている状態から少しは効率的になるだろうと思いました。
あと、バンドルソフトが付いてくるものもあるというので興味深いです。

通販で4千円台(25鍵盤)のものもあるので、買うかどうするか迷っています。

■EZ DRUMMER 2がほしい
クリプトン社のドラム音源です。
高機能で使いやすいそうで、
DAW付属のドラム音源に満足しきっていない私にはとても魅力的にみえます。
税込み16200円かぁー
割賦で買えないかな

■ELECTRI6ITYがほしい
こちらもクリプトン社ですか。
ギター音源です。
37380円くらいするとか。
サンプル動画だと、かっこいい往年の名リフ等を再現していたりします。
それらができれば十分で、
今の私の打ち込みより良くなるのではと思います。

あとできれば、ピックスクラッチもできればいいなあと思います。
どうなのでしょうか。
キュイーーーーーーンッ!!!!ってできれば文句ないのですが。

ということで、欲しいもの等について書きました。
結構なお値段のものもあるので、
お財布と相談しながらがんばっていこうと思います。
posted by misx at 23:58| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

UTAU-Synthのダウンロードについて

前回の続きです。

0928us1.jpg

上図のように、Mac画面下部のアイコンが並んでいる場所で、
右下に「ダウンロード」があるかと思います。
そこから「UTAUSynth100b18.dmg」をクリックします。

0928us2.jpg
このような画面になりましたら、
UTAU-Synthのアイコンを
「アプリケーション」のショートカットアイコンに
ドラッグ&ドロップします。

ブラウザで、ダウンロードページを再び見ておきます。
「30日試用ライセンス」をクリックします。
0928us25.jpg

以下のようなコードが出てきますので、
文字の周りをドラッグして選択し、
⌘+Cでコピーしておきます。
0928us3.jpg

Launchpadから「UTAU-Synth」を探し、クリックします。
0928us4.jpg
「開く」をクリック。

ライセンス認証の画面が現れます。
0928us5.jpg
さきほどコピーしておいたコードを貼付け、
「取得」をクリックします。


「ソフトウェア使用許諾契約」が現れるので、
よく読んで「同意する」をクリックすると、
以下の画面になります。

0928us6.jpg

「試用する」をクリックで、試用できるようになります。
タグ:UTAU-Synth Mac
posted by misx at 08:13| Comment(0) | DTMのやり方【私の場合】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

UTAU-Synthの導入について

今日は、Mac版のUTAUともいえる
「UTAU-Synth」の導入について記録しておきます。

先日、UTAU-Synthも使って作った音源↓



■UTAU-Synthのダウンロードページ↓
http://utau-synth.com/index.html

Windows版と同じく、作者は飴屋/菖蒲様です。

0927us1.jpg

公式ページの左上にある「ダウンロード」をクリックして進みます。

Windows版の下に、以下のようにUTAU-Synthが載っているページが現れます。
0927us2.jpg

ここで「インストールガイド」を読むと、わかりやすく書いてあります。

「Version 1.0.0 b18」をクリックして進んでみます。

ちなみに私の動作環境は、Mac OS X バージョン10.7.5です。

以下のダイアログが出てきます。
0927us3.jpg

「ファイルを保存」をクリックすると、ダウンロードされます。

続きは次の記事でご紹介します
posted by misx at 21:45| Comment(0) | DTMのやり方【私の場合】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする