2014misxp

ようこそおいでくださいました。
忙しい方向け1分未満のミニ歌を作って掲載しています!
1分以上の曲は「歌もの」カテゴリにまとめています。
インスト曲と合わせて現在約100音源を公開中!

2010年08月26日

うたうん!第4話公開!まさかこんなことになろうとは

しばらくぶりですが、「うたうん!」という動画の第4話をつくってMMD杯に出したので、載せてみます。↓↓


音量に注意なさってください。
【第5回MMD杯本選】うたうん!2期#4【けいおん!×UTAU×チャー研】

修学旅行ならぬ建物探訪に出かけた歌運部のみんなたちは、またしてもジュラル星人のまわりくどい作戦につきあわされるのだった。
作ってるこっちも想定してないことばかりで、時間かかったわりに、残念な仕上がりですが、これはこれで、新境地かもしれない…

本選にはもう一個出しました。↓↓

音量に注意なさってください。
【第5回MMD杯本選】ぴゅあぴゅあはーと【和音マコ誕生祭記念作品】

マコの誕生日記念に番外編ということで。夏フェスっぽくするのを目指しました。

コメント、マイリスしてくれた方々、ありがとうございます!続き好きかい?
posted by misx at 19:25| Comment(4) | うたうん! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ぴゅあぴゅあレコーディング終了



↑やっと、ある程度演奏しおわりました。
ここからMMD杯、間にあうんだべか???

リズムというかリドゥム的なものを直したいけど、ひとまずざっくり版ということで。
posted by misx at 22:19| Comment(2) | うたうん製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ぴゅあぴゅあレコーディング四日目

まだ終わってねーのかよ!

という感じになってきましたが四日目です。

昨日、【2、3日作業できないかも…】とか書きましたが、今日は3時間くらい作業しました。タップリ時間とれてんじゃねーか!ってね、激怒する方もいらっしゃるかな。いねーよ。

キーボードパートをずーっとやってるんですが、終わらない。半分は終わったと思いたい。

楽譜と睨めっこして、PCとも睨めっこして、打ち込みをするわけですが、段々と、今どこをやってるのかわからなくなってきます。

Aメロだっけ?Bメロだっけ?あれ、サビだったかな?一体何がどーなってんの?一体何がどおおなってんの?チャージマン研!に出てくる【ちんとん亭】ばりに混乱してきます。

たまに、もう出来てる他の楽器やUTAUで歌わせてある部分と合わせて聴いてみる必要があります。そうしてみたら、前奏が1小節足りなかったとか、サビが楽譜2ページ分抜け落ちてたとかのミスを発見。しかもそのミスがある状態で1番を2番に使い回したりしてたので、修正箇所はやや多め。

打ち込みならではの問題点です。

打ち込みもセンスやらスキルやら問われるんだな、誰がやっても同じにはならないなと、一つ勉強になりました。

よって、すごい打ち込みしてる人がいたらば、【しょせん打ち込みだろ?】とか言うことなかれ!このことは孫の代まで語り継ぎたい教訓である。

ちと大袈裟すぎたか…

孫が出来る予定もないし…。

孫はいいや。
あと3時間くらいでキーボード終わるのかなと仮定します。

するとようやく楽器が終わりで、次はUTAUをいじるのが2時間くらいかなと適当なシミュレーションを今しました。

で、出来た素材を全部ミックスするお楽しみタイム、ここは、ん〜、3時間くらい見ておこうかな。ここはちょっと修正する度に自分でウットリしちゃって何度も聴き返したりする時間も計算に入れましょう。あんまり聴き返し過ぎてキリがなくなる可能性もあります。

自分で作ったプラモとか、子供とか、可愛くて仕方なくていつまでも眺めちゃう感覚に似てると思います。自分、プラモ作りませんし、子供もいないんで断言出来ませんが。

ってか、子供いないのかよ、よくさっき孫の話なんか持ち出したもんだな。

まあとにかく、あとざっと8時間か。これまでも結構やってきたのに。曲1曲やるのがどんだけ壮大なのよ。いつもどおり、はじめは軽い気持ちではじめてるんで、こんなに時間かかると思ってませんでしたよ。

しかも割と最近、【GO!GO!MANIAC】という難曲を経て、ブログにも書かないくらい急いで他数曲を経てきてるので、勢いに乗ってるつもりだったんですよ。素人とはいえ、それなりに熟してきたというか、熟女というか、小慣れてきたつもり。それでもこんなに時間かかる(うん、熟女は関係ない)。

でも俺はコピってるだけだから、これでも早い方なのかも知れないよね。

この曲をまず作った方々は、曲作るところからだもん。曲を、なんかこう、デモの形とかまで持っていって、ギタリストさんやドラマーさんがそれを聴いて、細かいとこ詰めたりするわけだ。

で、それまで歩んでこられた人生の引き出しから、【今回はこのテクを使おう】とかなるわけだ、多分。ん?でも女子高生がこんなテク使ったらおかしくねえか、リアリティーが無いんじゃねえか?とか気にしだして眠れない夜もあったかもしれない。仕方ない、このテクを使うのは諦めよう、俺の心の引き出しにそっと閉まっておこう…とむせび泣いた夜もあったかもしれない。

歌詞だってね、一朝一夕に書けるもんじゃなかろう。正にそれまでの人生があって書ける。シビアな〆切りとか、納期とか、なんていうかわかんないけどそういうのがあって書ける。そういう感じなんじゃなかろうか。

そうして出来た曲を俺みたいな奴が、のんべんだらりと酒なんか飲んだりしながらコピるわけだ。こんなにダラダラして、もしレコーディングスタジオだったら幾らかかるかわかったもんじゃない。でもDTMだと、電気代くらいで、素晴らしい時代ですよ本当に。

僕は歌下手なんですが、もし歌うとしたらかかるスタジオ代が、デフォ子だとかからない上にすごくイイ!たまりませんなあ。

俺にとって最高のプラモのようなものなのである。この作業は。

まーでも、音源出来ても、実はそれも一つの部品で、映像という部品の方もでかさないとMMD杯には出せないんだなー。壮大な話だなー。
posted by misx at 19:28| Comment(0) | うたうん製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。